スマートフォンユーザーの電池の持ち・充電に関する意識・実態調査
680以上のスマートフォンアクセサリーや周辺機器を展開し、快適なスマートフォンライフをサポートするソフトバンクBB株式会社のSoftBank SELECTIONは、関東1都3県のスマートフォンユーザーを対象に、スマートフォンの「電池の持ち」や「充電」に関する意識・実態調査を実施しました。

調査概要

実施期間 2013年8月6日(火)〜8日(木)
調査方法 インターネット調査
調査地域 関東1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
調査対象 スマートフォンを利用している20〜59歳の男女800人
・1日のスマートフォン利用時間
・利用するアプリ
・充電が切れた経験
・スマートフォンの性能【大きさ】
・スマートフォンの性能【液晶画面の大きさ】
・スマートフォンの性能【記憶容量(メモリ数)】
・スマートフォンの性能【カメラの画素数】
・アプリの総ダウンロード数
・最も利用するアプリ
・スマートフォンの性能
・スマートフォンの性能【重さ】
・スマートフォンの性能【反応速度】
・スマートフォンの性能【電池の持ち具合】
・スマートフォンの性能【通信速度】
・モバイルバッテリー所有状況
・モバイルバッテリー非所有理由
・モバイルバッテリーの容量
・モバイルバッテリーの使用頻度
・モバイルバッテリーを使ったことがある時間帯
・モバイルバッテリー購入時重視点
・モバイルバッテリーの不満点
・モバイルバッテリー所有理由
・モバイルバッテリー所有個数
・モバイルバッテリーの価格帯
・モバイルバッテリーの持ち歩き状況
・モバイルバッテリーを最も使う時間帯
・モバイルバッテリー最購入時重視点
・モバイルバッテリーの最不満点
・フル充電時間
・「速い」と感じるフル充電時間
・「再充電不可の使い切りタイプのスマートフォン用充電器」
 購入経験
・AC充電器持ち歩き状況
・外出時に忘れて困る物
・外出時に気になること
・外出時にモバイルバッテリーを忘れた経験
・外出時にモバイルバッテリーを忘れた時の対処法
・「適正」と感じるフル充電時間
・「我慢」できるフル充電時間
・「再充電不可の使い切りタイプのスマートフォン用充電器」
 購入個数
・AC電源が使えることを意識したお店選び
・外出時に最も忘れたら困る物
・外出時に最も気になること
・外出時にモバイルバッテリーを忘れた時の引き返し状況
・外出時にモバイルバッテリーを忘れた時の最もする対処法
・バッテリーが切れる事と「同じくらい困る」もの
・バッテリー残量
・「安心」と思うバッテリー残量
・「不安を感じはじめる」バッテリー残量
・「とても不安」なバッテリー残量
・バッテリーが切れることに恐怖を感じる理由
・バッテリーが切れることと同じくらいの怖さを感じるシーン
・バッテリーが切れた時「我慢できる時間」
・バッテリーが「切れる事以上に困る」もの
・「とても安心」なバッテリー残量
・「まだ安心」と思うバッテリー残量
・「不安」と思うバッテリー残量
・バッテリーが切れることの恐怖感
・バッテリーが切れることに最も恐怖を感じる理由
・バッテリーが切れる事より怖くないシーン
・なるべく電池を持たせるためにすること