パソコン、スマートフォンが不要なスタンドアロン型VRデバイス

VR Japan IDEALENS K2+

パソコン、スマートフォンが不要なスタンドアロン型VRデバイス


かつてない自由を体感。比類なき装着感を持つ一体機
ケーブルレス+ハイスペックを実現!



かつてない自由を体感


IDEALENSはオールインワン設計で、他の設備へ接続を必要としません。ケーブルの煩わしさから開放され、すぐにイマーシブな世界にアクセスできます。





迫真の圧倒的ビジュアル


AMOLEDディスプレイを採用し、2.5Kの解像度(K2+)。120°の広い視野角を持ち、まるで360°パノラマやIMAX大型スクリーンに入り込んだかのように、巨大画面と明瞭な映像、迫真の臨場感に圧倒されるでしょう。





比類なき装着感を持つ一体機


本体重さわずか295g。フィボナッチ螺旋の原理に基づく設計で、首への負担を大幅に減らし、頭部への負荷をバランスよく分散し、人間の頭部形状に合った減圧バネで、2時間連続の装着も楽々。調節の手間なく3秒で装着完了。





夢幻の世界へ力強く


サムスンのモバイルプロセッサExynos7420を採用し、RAM 3GB、ROM 32GB、microSD最大128GBを備えた卓越した性能で、よりリアルなVR体験をお届けします。





各種技術資料


K2+ カタログ製品仕様
K2+ 取扱説明書(日本語)
K2 カタログ製品仕様
K2 取扱説明書(日本語)
初期設定の画面遷移
APKのインストール
動画のインストール方法
K2/K2+のためのADB利用



IDEALENS K2 MOVIE


コンセプトMOVIE






よくあるご質問


個人利用において


Q: Youtube等の動画サイトで配信されている動画をアイデアレンズK2で視聴できますか?
A: 現時点では利用できません。コンテンツはVR Japanコンテンツ配信プラットフォームから、またはYouTube等の公開された配信コンテンツを視聴できるよう逐次対応する予定です。詳細は今後VR Japanホームページ(http://www.vr-japan.co.jp)にてお知らせして参ります。
Q: SDカードに記録された動画コンテンツを視聴できますか?
A: microSDカードが利用頂けます。対応フォーマットは、以下のとおりです。
MP4, 3GP, 3G2, MKV, WebM, MPEG-PS, MPEG-TS, M4V
Q: 市販の360度カメラで撮影した360度動画をアイデアレンズK2で視聴できますか?
A: 視聴できます。microSDカードに格納されたコンテンツをアイデアレンズK2のmicroSDスロットに挿入し、初期画面の“シネマ”から”ローカル“を選択すると、コンテンツのアイコンが表示されます。対応フォーマットは以下のとおりです。
MP4, 3GP, 3G2, MKV, WebM, MPEG-PS, MPEG-TS, M4V
Q: Webブラウザーは利用できますか?
A: アイデアレンズ K2にはWebブラウザーは実装されていません。
Q: 購入したままのアイデアレンズK2だけでどの様な事ができますか?
A: 製品にはいくつかのゲームコンテンツが導入されて出荷されています。また以下の対応するフォーマットのファイルが格納されたmicroSDカードをアイデアレンズK2のmicroSDカードスロットに装着する事で動画を閲覧することができます。
MP4, 3GP, 3G2, MKV, WebM, MPEG-PS, MPEG-TS, M4V
Q: 今後、OSやミドルウェアの更新はありますか?
A: 不具合の修正や新機能の追加実装に伴い不定期に行われます。
更新の方法はVR Japanホームページ(http://www.vr-japan.co.jp)にてお知らせいたします。
Q: インターネットにつなぐ必要はありますか?
A: OSやミドルウェアを更新する際に必要となります。※ダウンロード済みのコンテンツを閲覧する場合はインターネットとの接続は必要ありませんが、OSの不具合修正や新機能の搭載の為のバージョンアップは、インターネット経由となりますので、定期的にWiFiを経由してインターネットに接続して下さい。更新情報を確認できます。OSの更新に伴うアプリの動作につきましては、アプリの提供元にご確認ください。
Q: 3G等のモバイル回線機能はありますか?
A: モバイル回線機能は実装していません。
Q: 充電池は交換できますか?
A: 修理の対象としてサービスセンターが交換を行うことはありますが、ユーザーによる交換はできません。
Q: ゲームコントローラをつなげられますか?
A: アイデアレンズ製のコントローラーをご使用ください。Bluetoothをサポートする他社製のコントローラーも接続可能ですが、メーカー独自の仕様による不具合等は、デバイスメーカーにお問い合わせください。
Q: アイデアレンズK2を装着しているユーザー同士で会話や共同作業をする機能はありますか?
A: そのような機能はありません。
Q: 非常に興味があるのですが、購入前に試用する方法はありますか?
A: 展示機などの情報はVR Japanホームページ(http://www.vr-japan.co.jp)より提供させていただきます。



業務利用において


Q: APKをインストールしたいのですが、コマンドプロンプト経由でデバイスの認識ができない。
A: パソコン上のADBドライバーを一度最新版に更新して再度試してみてください。それでも認識できない場合、 「K2/K2+のためのADB利用」をダウンロードして、マニュアルを参照して新たなドライバーをインストールしてください。
Q: 利用しながら電源を有線で供給し続ける事は出来ますか?
A: 推奨しておらず、故障の原因となる可能性があります。有線での使用による故障は保証対象外となります。
Q: 独自制作したコンテンツをネットワークに繋がずに更新する手段はありますか?
A: ■ アプリケーション
配布しているSDKで開発したアプリはUSBケーブル経由でインストールできます。
USBを接続してコンテンツをインストールするためには、開発者モードに切り替える必要があります。詳しくはVR Japan ホームページの開発者向けサイトをご参照ください。
URL: http://www.vr-japan.co.jp

■ 動画
動画コンテンツの場合はUSBケーブルでつないだPCから転送できます。また、microSDカードに格納した動画も視聴できます。
Q: デフォルトで実装されているユーザーインターフェースを、対象業務に合わせて開発したインターフェースに置き換えられますか?
A: ご要望の際は以下の連絡先にお問い合わせください。メールアドレス:  support.desk@vr-japan.co.jp
Q: アイデアレンズで見えている画像を外部モニタへ同時出力する手段はありますか?
A: 最新OSバージョン0.7.2.3(リリース日2017/7/13)以降、Miracast(ミラキャスト)による受信をサポートしている外部モニターディスプレイ、PC、TV、プロジェクター、などへの投影(ミラーリング)に対応しています。
弊社にて、動作確認済みの日本で市販されているMiracast受信端末は以下の通りです(※)。
・Elecom Miracastレシーバ LDT-MRC02/C
・Microsoft Wireless Display Adapter(ワイヤレスディスプレイアダプター)P3Q-00009

※ご注意
1. アイディアレンズは送信端末としてMiracast規格に準拠していますが、受信に対応していません。
2. 全ての受信側のハードウェア、ソフトウェアバージョン、およびいかなる環境下での動作を保証するものではありません。お使いの受信側端末の不具合に関して、各端末メーカーへお問い合わせください。
3. Windows 10のMiracast機能を使ってPCをワイヤレスディプレイとして使用する際、Windows 10のバージョンにより受信・接続が不安定になり、接続できない場合があるとの報告が上がっています。その場合、Windows 10ホームページ等の情報をご参照いただくか、PCメーカーもしくはMicrosoft社にお問い合わせください。
Q: 特定した複数台のアイデアレンズK2に対し、特定の動画やコンテンツを同時に再生させるサービスを考えています。これを実現するための制御手段はありますか?
A: ご要望の際は以下の連絡先にお問い合わせください。メールアドレス:  support.desk@vr-japan.co.jp
Q: オンサイトサポートは受けられますか?
A: オンサイトサポートの可否、料金等については購入された代理店にお問合わせください。
Q: 故障した際に修理中の代替機貸与は受けられますか?
A: 原則として対応しておりません。



コンテンツ開発環境に関して


Q: 開発環境の提供状況を教えてください。
A: Unity用のSDKを用意しています。
Q: 現在対応しているUnityのバージョンを教えてください。
A: Unity4.6.3f1以上、Unity2017.2.0f3以下のバージョンに対応しています。
Q: Unity以外(例えばUnreal Engine等)の開発環境やミドルウェアの対応予定を教えてください。
A: 今後の対応についてはVR Japanのホームページで順次お知らせいたします。
Q: 接続できるBluetoothデバイスの基準や制約を教えてください。
A: アイデアレンズ製品があるものはそちらをご使用ください。Bluetooth4.0 3.0 2.0に準拠したデバイスは接続可能ですが、メーカー独自の仕様による不具合等は、デバイスメーカーにお問い合わせください。
Q: 開発したアプリの配布手段はありますか?
A: 専用の配布サイトを準備中です。有料、無料のコンテンツ配信を行います。掲載基準や決済方法等の詳細はVR Japan ホームページ(http://www.vr-japan.co.jp)にて順次お知らせする予定です。




型番 K2+
JANコード 4589680630029
ディスプレイ AMOLED 2560x1440 (K2+)
視野角 約120度
リフレッシュレート 最高75Hz (K2+)
ROM 32GB eMMC (OS、内臓ソフトを含む)
RAM 3GB PDDR3
CPU Exynos 7420
GPU Mali-T760 MP8
搭載サンサー 3軸ジャイロ、3軸加速度、3軸地磁気、光距離、温度
Bluetooth 4.0、3.0、2.0
Wi-Fi 2.4GHz 802.11a/b/g/n
接続端子 micro USB 2.0端子、3.5mmヘッドフォン端子
充電 約3.5時間(2A急速充電)
電池消費時間 2.5時間~6時間(コンテンツによる)
ビデオ・オーディオフォーマット MP4, 3GP, 3G2, MKV, WebM, MPEG-PS, MPEG-TS, M4V
利用可能な通信機能 Bluetooth:4.0、3.0、2.0、Wi-Fi:2.4GHz 802.11a/b/g/n
輸入元 VR Japan
お問い合わせ先 メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ
VR japanサポートデスク

050-5835-2216
10:00から18:00(土日祝日、年末年始を除く)

Q: アイデアレンズK2はどのように操作できますか?
A: ゴーグル右側にボタンスイッチと、タッチパッドが装備されています。ボタンスイッチは電源のOn/Offやキャンセルを意味する操作に使われます。タッチパッドは、選択決定を意味する操作に使われます。ゴーグル左側には音量調節ボタンがあります。
Q: 音声出力用のスピーカーは実装されていますか?
A: スピーカーは装備されていません。ヘッドフォン端子に有線式ヘッドフォンやイヤーフォンを繋いでご利用いただくか、Bluetooth(4.0、3.0、2.0)対応の無線式ヘッドフォンやイヤーフォンをご利用ください。



ビデオ・オーディオ対応フォーマット一覧表


動画
MPEG1(HW) :MPEG-PS
MPEG2(HW) :MPEG-PS、MPEG-TS
MPEG4(HW) :3GP、3G2、MP4、MKV、MPEG-TS
H263(HW):3GP、3G2、MP4
H264(HW):3GP、3G2、MP4、MKV、MPEG-TS、M4V
H265(HW):MP4
VP8(HW):MKV、WebM
VP9(HW):WebM


音声
MP1 :-
MP2 :MKV、MPEG-TS
MP3 :MP4、MKV
AAC LC :3GP、3G2、MP4、MKV、MPEG-TS、M4V
AMR-NB/WB :3GP、3G2
Vorbis :WebM